審査に通るコツ

プロミス審査の本人確認書類とは?【必要な書類は何?】

プロミスの本人確認書類は?

プロミスで本人確認書類って何が必要?

運転免許証やパスポート、または健康保険証+1点(例:住民票など)。

そして、2016年の今年はひとりにひとつずつ交付されたマイナンバーカード。

※提出する際は、マイナンバーが見えないように加工して提出して下さい。

これらの重要な書類はすべて「本人確認書類」として、その人のデータとして利用されていますよね。

日々、さまざまな場面でこの本人確認書類が必要になってくると思いますが、特に「キャッシング」など金銭がかかわる際や契約を取り交わす際には必ず必要になってきますよね。

プロミスなどの大手消費者金融でも、もちろん契約時にはこの本人確認書類が必要となりますから、借り入れ審査に申し込む際には事前に用意しておかなくてはなりません。

ただ、一口に本人確認書類とはいってもその要件によって効力をもつものが違ってきますよね。

たとえば、健康保険証のような本人確認書類が使えないというパターン。

パスポートや運転免許証のように顔写真入りのものでないとダメということですね。

では、プロミスでのキャッシングにはどんな本人確認書類が必要になってくるのでしょうか?

用意できなかったことで審査申し込みの二度手間になるのを防いでいきましょう。

プロミスの審査で必要な本人確認書類はコチラ!

まず、プロミスの借り入れ審査に申し込むためにはあれこれ準備しなくてはならない!というイメージがありませんか?

たとえば、給与明細や源泉徴収票といった書類などなど。

ですが、実際はそんなことはなく、なんと本人確認書類さえあれば基本的には印鑑も不要ですし、すぐに審査を行って合否判定をしてくれるんです。

この本人確認書類ですが、プロミスではこのようになっています。

運転免許証やパスポート、または健康保険証+1点(例:住民票など)のうちどれかを用意すればOKということになります。

運転免許証やパスポートがなくても、ほとんどの人が健康保険証を持っていると思います。

ですから、特別に役所に書類を取りに行ったりしなくても、すぐに審査の申し込みをすることができるんですね。

ただ、外国籍の方は本人確認書類に加えて在留カードや、特別永住者証明書を用意しなくてはなりません。

また、自宅の住所が本人確認書類に記載されているところとは違う…という方は、納税証明書・社会保険料の領収書・ガスや電気など公共料金の領収書・住民票の写しなどの書類が必要になりますのでご注意を。

さらに、借り入れの希望額が一度に50万円を超える場合と、プロミス以外のところですでにキャッシングをしていてその合計額が100万円を超えるという場合には、さらに源泉徴収票や給与明細書が必要になります。

審査申し込みのときに必要な書類がないと困りますから、事前にチェックしておくと審査がスムーズに進みますよ。

キャッシングの「本人確認」ってなに?

消費者金融からお金を借りる、いわゆる「キャッシング」を経験したことがあるという方はとても多いと思います。

少額を借りるにしても、大金を借りるにしてもキャッシングをするために欠かせないのが「審査」になります。

審査というのは、その名の通り住宅ローンの審査のように借り入れの申込者を審査していきます。

入力された情報に偽りがないか、収入はきちんとあるかなど、借り入れしたあとにきちんと返済できるかということを調べて審査していきます。

その審査の中で特に申込者が気になるのが、本人確認ではないでしょうか?

キャッシングの審査の中でもっとも気になると言っても過言ではないのが、この本人確認。

人によっては本人確認によってとてもハラハラする事態になるということも。

では、この審査の本人確認というのは何なのでしょうか?

プロミスの本人確認、審査に受かるためのコツ

プロミスなどの消費者金融を利用する際に、申し込み時には必要な情報をたくさん入力していきます。

プロミスを利用する条件として挙げられているのは「収入がある」ということです。

これは最大のポイントとなるもので、この収入額によって限度額も変わってきますし、そもそも借り入れができるかどうかが決まってきます。

勤務先や収入額にウソの記載をして、その情報をもとにキャッシングをしたらどうなるでしょうか?

本当は働いていなかったとしたら、返済するだけの収入や返済能力がないということになってしまいますから、プロミス側もとても困ってしまいますよね。

そういったウソなどを防ぐために行われるのが、この「本人確認」なんです。

本人確認は、入力された情報をもとにその勤務先に電話をし、本当にその人が働いているかどうかをチェックするものです。

また、その後本人に確認のための電話をすることも本人確認と言われています。

このときに審査に受かりやすいコツとしてよく挙げられているのが、「印象良く対応する」ということです。

審査とはあまり関係ないんじゃない?と思われますが、キャッシングするということはお金の貸し借りです。

信用問題となりますので、お金を貸すプロミス側としてもやはりきちんと対応してくれる人にお金を貸したいと思うもの。

ですから、できるだけこの本人確認の際にはきちんとした対応をするように心がけると、審査に通過しやすくなる…と言われているんです。 

電話は顔の見えない相手とのやり取りですし、ましてやこれからお金を貸してもらう…というとき。

審査に受かるため!と思って、プロミスの本人確認の際にはできるだけ丁寧な対応をするように気を付けましょう。

プロミスのスムーズな申込みはこちら
img
プロミス公式サイト画像
限度額 500万円まで
実質年率 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分

プロミス公式へ